2017-07-11

参列して思ったこと。


先日、この村で初めて参列した。

勝手が全く分からなかった。

自分はカトリックでもないので

ますます分からない。


それでも

何よりも大切なのは

故人を敬い、見送ること。

自分はそう思う。


たくさんの方々が参列していた。

店に来る常連さんもたくさんいた。

教会の席に座れない人は

後ろで立っていたようだ。


式も終わり、

義父の弟さんはまた車へ運ばれていった。

自分が教会から出た時はすでに車の中。


教会の鐘が鳴った。

もうここには二度と戻って来ない

そんな意味らしい。


あぁ・・・

いよいよ・・・

車が行ってしまう・・・


が、

誰も車に目もくれない。

周りに家族もいなかった。

アレ?

今一番大事じゃない?


そして何もなかったように

車は教会から去っていった。

ものすごく寂しかった。


こんな感じなんだ。


色々だな。


今回のコトもあってか

自分がここで死んだ時のことを考えた。

子供はいない。


やっぱり最期は日本で迎えたいか。

そんな思いもある。

もし、ここで死んだら灰にしてもらい

日本の家族の元へ。

でも自分、入るお墓もない。

母もそうだ。

この夏帰ったら、ちょっとそんな話するかな。





教会から家までの数十メートル。

教会の敷地内で

バチッと犬のウ◯チを踏んだ。


これで運が付いた。

間違いない。





No comments:

Post a Comment